AGA治療

AGA専門医での治療記事一覧

AGAの症状で多いのは、徐々に額が後退してきたり、頭頂部が薄くなってきたり、その両方で薄毛になったりする症状です。このような脱毛症状は、20代から始まり30代なかばまでに約4割の男女に現れるとされています。AGAの症状が現れる年齢や症状の進行具合は個人差があり、10代でAGAになる方もいます。

AGAで悩まれている方は、医療機関でどれぐらいの費用がかかるのかを心配されます。それは、AGA治療は一般的に自由診療で保険が適用されないからです。それぞれの症状や処方される薬によっても、治療費は違いがあります。

近頃、「AGA」という単語をテレビなどで目にする機会が以前より増えていると思います。AGAとは、男性型脱毛症のことです。男性型脱毛症とは、成人男性に良く見られる薄毛のことで、思春期を過ぎた頃から額の生え際が後退したり、頭頂部が薄くなったりする症状を表しています。

AGAの原因の多くは、男性ホルモンのテストステロンが酵素により変換されて生成されるジヒドロテストステロンの働きに関係していると言われています。AGA治療薬は、このテストステロンを変換する酵素の5αリダクターゼの働きを抑える効果をします。すると、AGAの原因とされているジヒドロテストステロンが作られるのを抑える事につながります。

最近では、AGA治療の専門医がある事も認知され始めています。病院でのAGA治療を検討される方は、治療費について心配される方も多いです。また薄毛の悩みを持つ方は、治療費の負担を考え専門医診療をためらう方も多いと言われています。

page top