AGA治療

AGAの原因記事一覧

AGAは、最近よく耳にするようになりましたが、これは、Androgenetic Alopeciaの略になります。日本語に直すと男性型脱毛症と言う意味になるのですが、AGAは、遺伝や生活習慣が原因といわれています。成長しきれていない細く短い毛が抜けることにより、薄毛がどんどん拡大し、結果、AGAになってしまいます。

タバコはAGAに対して最も悪影響を及ぼすものです。タバコに含まれる「ニコチン」が主な原因なのですが、毒物に指定されるニコチンは、血流を悪くし、毛髪へ栄養を送りにくくするのです。

AGAにはホルモンが大変深く関わっています。生え際や頭頂部は「男性ホルモン」、側頭部や後頭部は「女性ホルモン」が影響しています。AGAは男性ホルモンの影響が強いため、生え際や頭頂部が薄くなっていってしまいます。

育毛についてネット上で検索しているとAGAという言葉をよく見かけますが、これは何を意味しているのでしょうか。AGAはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症という意味です。男性型脱毛症というのは、その言葉通り主に男性に見られる脱毛の症状で、頭頂部の中心から髪が抜け落ちたり、額の生え際が後退したりするのが主な特徴です。

AGAは男性型脱毛症を指す言葉として使用されており、成人男性の髪が薄くなる状態に使用されている用語になります。AGAの症状では、額の生え際や頭頂部などの毛が薄くなり、症状が進むと薄毛範囲が広がっていきます。原因は、遺伝や男性ホルモン・生活習慣の乱れ、ストレスなどがあげられています。

page top